• kin257

平和を祈念し厳かに「火と鐘の祭り」に参加!(大晦日)

2012年の大晦日、今年も糸満市摩文仁の平和祈念堂にて、「火と鐘の祭り」が行われました。

今年はボーイスカウトとガールスカウトが平和の火を灯しました。

「火と鐘の祭り」は、平和祈念堂を管理している沖縄協会と糸満市の共催により行われています。今年で第35回を迎えます。

今から67年前に沖縄戦で尊い命を失った、数え切れないほどたくさんの方々へ鎮魂の意を込めて、摩文仁から世界へ

平和のメッセージを伝えました。

糸満市出身のソプラノ歌手、玻名城律子さんによる”Amazing Grace”で平和祈念像に平和の火が灯されました。

玻名城 律子(Amazing Grace) ⇒http://www.youtube.com/watch?v=pEpx0hShk8k&feature=youtu.be

やがて、この火は平和記念堂の上から祈念堂の下で待つ7名の子どもたちの下に送られ、

500名余の平和を願い、集った人々が持つ松明の火となり、堂宇前庭で大きな輪を作ります。

そして、この一年を締めくくる祈りの歌として「沖縄平和祈念像讃歌」が玻名城津子さんにより

献唱されると、新年のカウントダウンが始まりました。

沖縄平和祈念像讃歌(作詞:渡久地 政信)⇒http://www.youtube.com/watch?v=b3Hdx-_DFis&feature=youtu.be

新しい年は、世界中の「諍い」がなくなりますよう、また、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申しあげます。

平成二五年元旦

ボーイスカウト与那原第1団  団委員長 平 智彰(他隊指導者一同)

「沖縄平和祈念像讃歌」

作詞: 渡久地 政信

諸人の願い 天地(あめつち)もなびく

今 みなが郷(さと)に 諍(いさか)いを捨てん

見よ、白雲の果て 聖なる空に

沖縄の風 さやかに歌う

0回の閲覧

日本ボーイスカウト沖縄県連盟

このホームページ上の画像や文章の無断転載を禁じます。スカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、与那原第1団 団委員長 平 智彰の責任のもとに掲載しています。