• kin257

団キャンプで獲ったどー! in 久高島

相次ぐ台風の接近で延期をくり返した与那原第1団のキャンプが 10月6日(土曜日)から8日までの日程で久高島にて行われました。 カブ隊やボーイ隊のメンバーが、学校行事や秋休みなどで全員参加 とはなりませんでしたが、楽しいキャンプと張りました。 初日、キャンプ日和の晴天。安座真港を出港し25分くらいで久高島に到着 キャンプ場は相次ぐ台風の影響で海砂をかぶっていましたがキャンプには 最高の場所と施設でした。

開村式の後、テント設営、水廻り、電気などの引き込み確認。全て良好! 恒例の初日夕食はカブ隊によるカブカレー。なれない手つきながらリーダーの手助 けもあり、てきぱきと進行。煮詰まった頃には、カブ・ボーイの子供らは 砂浜での海水浴に直行!満ち潮で、午後6時頃といういい時間で短いながらも 思い思いに楽しめました。濡れた体を震わせながらキャンプ場シャワーに戻り 着替えたあとは、みんなそろっての夕食、カレーを何杯もたいらげ、楽しい会話も 弾む中夕食後の団らん。子ども達や参加した大人の思い思いのはなしに笑いの中 夜は更けゆきみんな眠りにつく。

2日目、カブ隊とボーイ隊は島巡りに出発、聖地久高島は、拝所や海沿いの 井戸(カー)も散らばり、王朝時代や、20数年前を最後に行われたイザイホー を偲ばせるアシャギ(離れ小屋)、五穀豊穣の種の壺が流れ着いたという伊敷浜 など、やはり単なる離島ではない事を目の当たりにしました。 キャンプ場に戻ると、リーダーやお母さん達の手作りのタコライスが最高においし く、与那原第1団の定番メニューに推薦! 午後からは、近場の防波堤で釣りにチャレンジ。初めて打ちこみを体験するボーイ 隊や、生まれて初めて釣りをしたうれしさと、ゲットした魚に感激! 釣り上げた魚は、手慣れたリーダーがさばき、食事後の火あぶりで食す!

これまたうまかった!。

夕食のバーベキューの後は、団行事、上進式を行いました。 ビーバー隊からカブ隊へ宮城君(欠席3名) カブ隊からボーイ隊へ2名、上地あきと君大城こうめさん ボーイ隊からの上進はなく、短い時間の中厳かに挙行されました。 去年も報告しましたが、与那原第1団の上進式はインディアンによるたいまつと太 鼓のリズムが響き幻想的で、聖地久高島での上進式はいい思い出になると思います。 夜につれて、海風が強くなり、上進後のテントで過ごした子ども達の更なる今後の 活躍に期待したリーダーやご両親に感謝申し上げた次第です。

3日目撤収準備や空いた時間を利用しての釣りや海水浴を満喫し、久高島キャンプ の閉村式をおえ帰路につきました。 今回の団キャンプは、日程が延期続きになり、ご家族の予定も変更になったことも ありますがそれ以上に、参加した子ども達は、「久高島キャンプとても楽しかった」 の言葉に、我々隊長、リーダー、保護者は、疲れも吹き飛んだような思い出の団キ ャンプになりました。

与那原第1団カブ隊長 運天 先俊



0回の閲覧

日本ボーイスカウト沖縄県連盟

このホームページ上の画像や文章の無断転載を禁じます。スカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、与那原第1団 団委員長 平 智彰の責任のもとに掲載しています。