• kin257

イースターで卵いっぱいひろったよ!

4月24日、今年も与那原カトリック教会で、恒例のイースター(復活祭)に那覇3団と一緒に参加しました。

今年も前日から卵のボイルそして、ビーバー隊・カブ隊による絵付けを行いました。卵の数なんと400個! 今年も、平 智彰団委員長に準備して頂きました。

恒例のシスター中村による復活祭の講和もあり、スカウトは熱心に聞いていました。

シスター中村はイエス様が復活された特別なお祭りであること「イースターの卵は命の誕生であり、復活の象徴である。」ということをお話してくださいました。

さて、復活祭当日、私たちビーバー隊・カブ隊は復活祭のミサ終了後に、いっせいに卵ひろいをしました。自分で絵付けをした卵をゲットして大喜び!

十数個の卵をひろったカブ隊のスカウトが、あまりひろえなかったスカウトへ卵を分けてあげる様子は、私たち指導者にとっても大変うれしい出来事でした。

今年もボーイ隊・ベンチャー隊が卵を隠す役目でした。昨年までは卵がひろえたスカウトも、今年からは逆の立場です。与える事の喜びを感じていることでしょう。

卵ひろいの後は、那覇3団と楽しいゲームです。初めて会うスカウトもゲームになると絶好調!自分の名前を「お尻」で書くという、罰ゲームでもスカウトはとっても上手!今年もとても楽しいイースターでした。

卵を準備してくれた団委員長、ボイルしてくれた団委員・指導者、お話をしてくれたシスター中村、そしてミサで祝福して頂いたラサール神父さま、どうもありがとうございました。

「命と復活の象徴である卵のように、がんばろう!日本!」

与那原一団ビーバー隊長 比嘉 良裕

0回の閲覧

日本ボーイスカウト沖縄県連盟

このホームページ上の画像や文章の無断転載を禁じます。スカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、与那原第1団 団委員長 平 智彰の責任のもとに掲載しています。